犬(動物)について私が思うこと

ペットと人

ママコラム担当のC子です。

最近は、知り合い経由でペットショップ業界や、動物園業界の裏話を聞くことがあり、そのたびにすごく悲しい気持ちになっています。

本来、動物も人間も自然の一部であり、ともに共存していく関係であり、互いの生活環境を乱したりするのって、自然の理に反することだと思うんですよね

人とペットは共生している

人間には人間の生活圏があり、動物には動物の生活圏がある、それを干渉しないようにしたいものだな~と思います。

でも、動物と触れ合うことで人は命の尊さや、種族の違いから生まれる生態の違いなどを学ぶことも出来るので、それはとても大切なことです。動物園もペットショップも、決して悪いものだとは思いません。ただ、動物の尊厳をもうちょっと守れないものかな~と思ってしまいます。

 

人間の生活圏に連れて込まれた動物にとっては、人間が与える環境がすべてなんです。その中で生きていくしかないんです。

身近な存在としては犬ですね。ちなみに私は、幼少期に犬に追いかけられて足をかまれかけたことがあるので、愛犬家ではありません。

駅ビルのトイレで、通路に盲導犬が待機していた際、ちょっとびっくりして中々トイレから出られなくなったというレベルで近づくことが苦手な方です。でも嫌いではありません、見てる分には可愛いな~とは思います。近づくのが無理です。

 

最近うちの子も、繋がれていなかった小型犬に飛びつかれて足にかすり傷を負ったのですが、子どもたちは「きゃー引っかかれたー」と笑い飛ばしていたので、あの子たちはすごいなーと思います。それはともかくとして、そうやってペットが他人に迷惑をかけてしまうのって、飼い主の不注意や責任であって、決してペットのせいではないんですよね。

飼う側がその動物のことをちゃんと学んで、その動物のありとあらゆる可能性を考慮して、まわりの人間に対して気遣いをするべきことなんですよね。お金を出せば買えてしまうものに対して、そこまでしっかりした意識を持つ人って、どれくらいいるんでしょう。

ブリーダー関連の施設を作りたい!

私がいずれやりたいな~と思っていることの一つに、犬のブリーダー関連の施設を作ること、というものがあります。

 

私は、犬を触れないので、ちゃんとお世話ができて、愛情深い人を雇って、数匹を育てていきます。そして、そこの犬を引き取って育てたいという方が訪れた場合、まずはその人たちがいかに、犬を中心とした生活を送れるかどうかをチェックします。

 

先ほども言ったように、人間の生活圏に連れて来られた犬にとっては、飼い主が与える環境がすべてなんです、飼い主は犬の一生を背負うんです。

人間より寿命の短い犬が、最期の瞬間に幸せな人生(犬生)だったな~と思わせてあげられるような飼い方が出来るか、それを判断します。

あと、周りの人間に迷惑をかけない、という気配りが出来るかどうかも。次は、改めて犬という生き物についてしっかり学んでもらいます。身体機能を理解しないと、どういう生活をすればいいのかなんてわからないと思うので。

 

そして、スタッフ同伴のもと、犬に対しての接し方をチェックします。これに大体半年くらいはかけたいです。

 

その間、この施設に何度も通ってもらうことになりますし、引き取り希望を出している犬にかかるお金も払ってもらいます。自分の手元にいない犬のためにお金なんて出せないという人は、最初から引き取り主として考えられません。

 

ただし、犬を売るということはしません。なので、もしかしたらペットショップに払うお金より安くなるのかも知れませんが、そこまではまだ…。そして引き取り後も、月に1回は犬の様子を報告してもらいたいし、年に2回は実際に犬を連れて来てほしいと思っています。

 

利益を目的とせず、犬にとっての生き方を優先させたものなので、クラウドファンディングなどで出資金を募るしかないですよね。

と、そんなプランをいずれ実行できたらな~と考えています。

うちの子はとても動物が好きなので、動物関連の仕事に就きたいと言ったら、そこで雇っちゃうこともありですね!

 

以上、犬(動物)について最近思うことについてママコラム執筆しました!