次亜塩素酸水と新型コロナウイルスに関する研究論文一覧

新型コロナウイルスに関する次亜塩素酸水の研究結果や情報をまとめました。

その他カテゴリの次亜塩素酸に関する研究論文一覧まとめはこちらからどうぞ!

日本での次亜塩素酸水と新型コロナウイルスに関する研究

タイトル「新型コロナウイルスに対する次亜塩素酸水の不活化効果を証明」

参考:帯広畜産大学新型コロナウイルスに対する次亜塩素酸水の不活化効果を証明

 

タイトル「次亜塩素酸水(pH5.5、有効塩素濃度40ppm)による新型コロナウイルスの不活化」

参考:北海道大学玉城名誉教授と北海道大学人獣共通感染症リサーチセンター

 

タイトル「新型コロナウイルスに対するイオン交換法⽣成による次亜塩素酸⽔の効果」

参考:宮崎大学の次亜塩素酸水溶液の研究内容

研究結果概要

①次亜塩素酸水溶液100-200ppmでは、完全にウイルスを 0 にする。

②50ppmでも 99.9%、25ppmでも 97.2% 抑制することが分かった。

 

タイトル「新型コロナウイルスを用いた代替消毒候補物資の有効性評価にかかる検証試験の結果について」

参考:NITE(独立行政法人製品評価技術基盤機構研究)が最終発表した内容

研究成果概要

新型コロナウイルスを用いた検証で、一定濃度以上の次亜塩素酸水※1が消毒に有効と判明した。

①次亜塩素酸水(製造方法※2によらず):有効塩 素濃度35ppm以上 ②ジクロロイソシアヌル酸ナトリウム:有効塩素 濃度100ppm以上

※物品の消毒を行う際には、物品の表面の汚れ(皮脂、 動植物脂等)を取って使用するとより効果的である。 

 

タイトル「次亜塩素酸溶液はSARS-CoV-2に対する強力な抗ウイルス剤」

ジャーナル『Journal of Applied Microbiology』

Hypochlorous acid solution is a potent antiviral agent against SARS-CoV-2

研究成果概要

大阪府立大学は、イオン交換(特許製法)により生成された弱酸性次亜塩素酸による新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の不活化効果について検証し、その成果を論文発表した。

①弱酸性次亜塩素酸(56.3 ppm)で10秒間処理することにより、感染性のSARS-CoV-2のウイルス力価(ウイルスの感染力を示す量)は、100,000分の1以下に低減し、残存ウイルスは検出限界以下となった。

②唾液と同じ濃度の蛋白質存在下で、弱酸性次亜塩素酸(59.4 ppm)で10秒間処理することにより、感染性のSARS-CoV-2のウイルス力価(ウイルスの感染力を示す量)は、100,000分の1以下に低減し、残存ウイルスは検出限界以下となった。

③弱酸性次亜塩素酸は、125 ppmの濃度において10分間、または250 ppmの濃度において5分間処理することで、ガラス上の乾燥した感染性のSARS-CoV-2(飛沫した唾液が乾燥した状態を想定)のウイルス力価(ウイルスの感染力を示す量)を100,000分の1以下に低減し、残存ウイルスは検出限界以下となった。

 

世界での次亜塩素酸水と新型コロナウイルスに関する研究

タイトル「ウイルス駆除ハードサーフェス有効性テスト-重症急性呼吸器症候群関連コロナウイルス 2 (SARS-CoV-2) (COVID-19 ウイルス)」 

ジャーナル名『EWCO SARS-CoV-2 (COVID-19 Virus) Research – Study 1』

Virucidal Hard-Surface Efficacy Test – Severe Acute Respiratory Syndrome-related Coronavirus 2 (SARS-CoV-2) (COVID-19 Virus)

 

タイトル「次亜塩素酸とスマートなプレハブの消毒チャンバーが職業関連のCOVID-19曝露を減らす可能性」 

ジャーナル名『Risk Management and Healthcare Policy 14 (2021): 247』

The Potential of Hypochlorous Acid and a Smart Prefabricated Sanitising Chamber to Reduce Occupation-Related COVID-19 Exposure

 

タイトル「次亜塩素酸 (AOS2020) を含む噴霧可能な酸酸化溶液は、SARS-Cov-2 を効率的かつ安全に不活性化します: 上気道衛生のための新しい潜在的ソリューション」 

ジャーナル名『European Archives of Oto-Rhino-Laryngology (2021): 1-5』

A sprayable Acid-Oxidizing solution containing hypochlorous acid (AOS2020) efficiently and safely inactivates SARS-Cov-2: a new potential solution for upper respiratory tract hygiene

 

タイトル「市販のうがい薬による SARS-CoV-2 の効果的な in vitro 不活化」 

ジャーナル名『Journal of General Virology 102.4 (2021): 001578』

Effective in vitro inactivation of SARS-CoV-2 by commercially available mouthwashes

 

タイトル「弱酸性次亜塩素酸水のインフルエンザウイルスとコロナウイルスに対する殺ウイルス活性と実用化試験」 

ジャーナル名『Virus Research 297 (2021): 198383』

Virucidal activity of slightly acidic hypochlorous acid water toward influenza virus and coronavirus with tests simulating practical usage

 

タイトル「眼科における COVID-19 の予防」 

ジャーナル名『Indian Journal of Ophthalmology 68.10 (2020): 2062』

COVID-19 prophylaxis in ophthalmology

 

タイトル「次亜塩素酸のレビュー」 

ジャーナル名『Journal of Oral and Maxillofacial Surgery (2020)』

Hypochlorous acid review